秋葉原で出会いがあり素晴らしい映画をみた


行き先がわからない
(上田五石)秋葉原で出会い
なんらかの理由で、「シェーン、カムバック!」という有名なラインを覚えています。映画は素晴らしい

半熟卵のフレーズ。
おなかがすいているときに俳句を考えるのは素晴らしいアイデアです。
鹿袋コーナー秋葉原で出会い

あなたに恋をする鹿バッグコーナー
神のポーチコーナー
甘い樹液の森秋葉原で出会い

季節の言葉は鹿袋コーナー
(シクロの服)
初夏のシーズン

 

秋葉原出会い
子どもの季節の言葉は袋角/鹿の若角/鹿
鹿の角は毎年成長します。春に落ちると、角の座席から新しいホーンが生まれます。肌に包まれた柔らかいもの。バッグに似た名前を持っています。

袋ノ森幸之は痛くない
(橋本貴子)
血の袋
(相澤直子)
女性が触れたバッグコーナー秋葉原で出会い
(宮川Hay)
便利なバッグコーナー
(寺島希美)
暖かくないですか?
(後藤綾子)秋葉原で出会い
雌鹿なめる鹿
(右の城下町)
袋コーナー鹿せんべいに集まった
(稲田順太郎)

袖に折り畳まれたサドル鹿バッグコーナー
(ソネンジョ)
袋角の大学生が季節の言葉以外の12音フレーズだけを作ったら、こんな感じでしょうか?

2つのかわいい丸い角秋葉原で出会い

「かわいい」という言葉は素晴らしいかもしれません。
江戸時代の俳句である円城さなみは、鹿を育て始めるかわいい人を守る俳句です。

悲しみの前の獣の目
(江東典子)

コメント