秋葉原で出会いがあり新鮮な俳句をよんだ

「まあ」
フレーズの1つは、「マイマスター松尾A」というタイトルの歴史小説のようです。 「そよぎケリ」のキャラクター、ナレーター、ne、そして夏の風に吹くみんな。秋葉原で出会い
S川龍之介の「オモレモ」は、自分自身とすべての新鮮なペイントを包みます。
cocoは刻まれている可能性があります。秋葉原で出会い

(575になるとは思わないので、「カナ」と言いましょう)
俳句のようなものを作ろうとする人の俳句は、完成品を見ただけで俳句のようです。
たくさん作れば、時々勝ちます。
ヒットかどうかさえわからないかもしれません。

光熱(白書)秋葉原で出会い

夜のライトキャットタウンの路地を歩く
* H原裕太郎「キャットタウン」
ちょっと暑いです

 

秋葉原出会い
滑らかで軽い半身の黄身

季節は明るい夏です
初夏のシーズン
子供の言語は穏やかです秋葉原で出会い
初夏の暑さは少し汗です。

*熱だけでなく、太陽の視覚的なまぶしさも。

熱中に来ない人
(星野龍子)秋葉原で出会い
暑くなく、人々が美しく着るなら
読み終わった後、下の5つで完成しない形にすることで、再び「暑くならない」という季節の言葉に戻ります。

縛れば夕方の暑さにうんざりします
(古賀真理子)
「なだる」はすごい。秋葉原で出会い
着物ベルトの解放感、取り外された着物の外観、疲労感は「だる」にまとめられています。

明るい夏は「白sho」で季節は音が3つだけの単語。 Haikuには、「スローヒート」、「デイライトヒート」、「イブニングライトヒート」、「タウンライトヒート」などの5つの音の熱の光に限定された環境にやさしい書き方があります。時と場所。

コメント