池袋で出会いがあり未来の若者と話す

 

私が過去に読んだおとぎ話には、メテリンクの青い鳥がいました。

私の兄弟Chitileと私の姉のMichiruは、クリスマスイブに出かけて、彼女の孫の病気を治す青い鳥を見つけるためにWizard's Grandmotherに来るように頼んでいます。池袋で出会い

私は懐かしい国、未来の国、またはある種の国に行きますが、たとえそれを捕まえても、その国を離れると死んでしまいます。
それは私ができなかった旅でした。池袋で出会い

青い鳥の羽の1つは、クリスマスイブのディナーに持っていたバスケットの中にありました。


幸せはここにあります。

私に教えたのはおとぎ話でした。池袋で出会い

心理学にはパントリー症候群とブルーバード症候群があります。

私は大人になりたくありません。
私は子供たちと長い間一緒にいたいです。
夢の国ネバーランドに住みたいと思う若者について、

 

 

池袋出会い


それはピーターパン症候群と呼ばれています。池袋で出会い


彼が何であるかを追求し、自分自身を見つけるために森の中を旅する人。

しかし、青い鳥を永遠に見つけることなく自分自身を探し続けるためには、

それはブルーバード症候群と呼ばれています。

このおとぎ話の教えのように

本当の幸せはここにあります。

私は自分の手で失敗し、ストレスを感じ、そして私自身と様々なことを経験している間

自分を作りましょう


人は大人になります。池袋で出会い


幸せの旅池袋で出会い

しかしすべて


それはここにあります。


それは今日のガイダンスの言語であるべきです。

コメント