お互いの顔を池袋では知らない

誰もが危険な場所として協力する

危険な場所には「池袋」があります。


- 私が釣りを始めた11年前 - 

防波堤付き

「次回にお会いしたときは、私の親指の署名」、池袋のバケツを忘れた男、私にバケツをくれた男

私は暗闇の中に戻った

私は暗いので、お互いの顔を知らない

次回に会っても、私は知らない

池袋 ペンギンのいるBAR

私はまだその水のバケツを持っている

叔父またはミスター
その日私は私の人生で初めて黒鯛を捕らえられました。


風によって吹き飛ばされた帽子を掬い上げ、池袋でそれを渡した夫婦

釣り糸が引き裂かれ、水っぽい梅を掬った先輩から、

それは釣り時間の魚だった

コメント